著者紹介

半田 滋(はんだ・しげる)

1955年(昭和30)年、栃木県宇都宮市生まれ。
東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師。法政大学兼任講師。
下野新聞社を経て、1991年中日新聞社入社、東京新聞編集局社会部記者を経て、2007年8月より編集委員。2011年1月より論説委員兼務。
1993年防衛庁防衛研究所特別課程修了。1992年より防衛庁取材を担当し、米国、ロシア、韓国、カンボジア、イラクなど海外取材の経験豊富。防衛政策や自衛隊、米軍の活動について、新聞や月刊誌に論考を多数発表している。2004年中国が東シナ海の日中中間線付近に建設を開始した春暁ガス田群をスクープした。
2007年、東京新聞・中日新聞連載の「新防人考」で第13回平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞。
『「戦地」派遣 変わる自衛隊』(岩波新書)で2009年度日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞受賞。
著書に、『検証 自衛隊・南スーダンPKO−融解するシビリアン・コントロール』(岩波書店)、『「北朝鮮の脅威」のカラクリ』(岩波ブックレット)、『零戦パイロットからの遺言−原田要が空から見た戦争』(講談社)、『日本は戦争をするのか−集団的自衛権と自衛隊』(岩波新書)、『僕たちの国の自衛隊に21の質問』(講談社)、『集団的自衛権のトリックと安倍改憲』(高文研)、『改憲と国防』(共著、旬報社)、『防衛融解 指針なき日本の安全保障』(旬報社)、『自衛隊VS北朝鮮』(新潮新書)、『闘えない軍隊』(講談社+α新書)、などがある。